カローラスポーツの中古車をお探しなら

カローラスポーツの安全装備は何がついてる?メーカーオプションの装備は購入時に忘れずにつけよう!

まもる
こんにちは、カロスポドットコムのまもるです!

カローラスポーツには快適で安全な運転をサポートしてくれる安全装備がついています。

アイ
私が車を選ぶ時に1番気になったのが、この安全装備だったんだよね。

車の安全装備って知らない間にすごく進化しててビックリした!

この記事ではカローラスポーツの安全装備を紹介しますね!

カローラスポーツの安全装備Toyota Safety Sense

2018年度から新設された予防安全性能評価の最高ランク「ASV+++」を獲得しています。

アイ
ようするに、2019年段階で一番安全ってことだね!

ミリ波レーダーと単眼カメラの2つのセンサーを使って運転をアシストしてくれます。

▼ミリ波レーダーはカローラマークの後ろに入ってるそうです。
カローラスポーツミリ波レーダーの場所

レーントレーシングアシスト

レーントレーシングアシストは先行車と車線を感知して道路からはみでないようにアシストしてくれます。

通常の走行時は車線からはみ出しそうな時に警告音がなります。

約50km/h以上で走っている時には、車線からはみ出さないようにハンドル操作をアシストしてくれる機能です。

アスファルトや縁石からはみだしそうな時にも警告してくれるようです。

機能紹介動画はこちら。

プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティはぶつかる前にはたらく安全装置です。

ブザー音でブレーキの必要を知らせ、さらに危ないときには車が自動的にブレーキをかけて衝突を回避するシステムです。

前の車とうっかり近づいたときや、急な歩行者の飛び出しの事故を軽減できる可能性があります。

プリクラッシュセーフティで感知するもの
  • 先行車
  • 前方歩行者の感知[昼夜]
  • 前方自転車の運転者[昼]

まもる
この機能をテストするのはさすがに怖いです!

レーダークルーズコントロール

レーダークルーズコントロールは自動的にスピードを調整し速度を一定に保ってくれる機能です。

前に車がいるときには設定した車間距離をたもって走ってくれますよ。

まもる
これがあると高速道路の運転がめちゃくちゃ楽なんですよね〜。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビームはライトの高さを自動で調節してくれる機能です。

多くの方が勘違いしているのですが、実は法律上車のライトはハイビームが基本なんです。

でも対向車がきたときや前に車がいるときには周りに迷惑をかけてしまいますよね。

無用なハイビームはトラブルの原因。

そうならないように対向車や前の車がいない時を感知して自動的にハイビームとロービームを使い分けてくれます。

右手下にあるボタンを押すと設定できますよ。

ロードサインアシスト

走行中の道路標識を読み取って、インパネのマルチインフォメーションディスプレイに表示してくれます。

一時停止のサインを見落としたりすると危ないですもんね。

速度超過をしている時にブザーで知らせるように設定もできますよ。

ドライブスタートコントロール

ドライブスタートコントロールはシフト操作を間違えて急発進しそうな時、急発進を防ぐ機能です。

慌ててアクセルを踏んだままRからDに切り替えたりするときに注意マークが画面にでて、エンジン出力を抑えて急発進しないようにします。

ガソリン車にはこの機能はついていません

メーカーオプション

インテリジェントクリアランスソナー

インテリジェントクリアランスソナーは前方に対するパーキングアシストブレーキです。

駐車時に建物や壁などとの距離を感知して、警告音でお知らせしてくれます。

アクセルの踏み間違えで壁に激突するのを防ぐ機能はこのインテリジェントクリアランスソナーに含まれる機能です。

まもる
この壁への激突を予防する機能は新車注文時につけておく必要がありますよ!

定価で税込み28,080円のメーカーオプションですので注文時に指定する必要があります。

このインテリジェントクリアランスソナーを取り付けすると、セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)という扱いになります。(参考外部サイト:経済産業省・サポカーとは?

リヤクロストラフィックオートブレーキ

リヤクロストラフィックオートブレーキは後方にたいするパーキングサポートブレーキです。

バックで駐車場から出る時に、見えづらい左右から来る車の接近があったときにブザーでお知らせしてくれます。

ぶつかりそうになった時には自動ブレーキが作動します。

このリヤクロストラフィックブレーキは定価で税込み97,200円です。

まもる
カタログにはインテリジェントクリアランスソナーとあわせて125,280円と書かれていますが、別々に取り付けするかどうかを選べます。

ぼくはインテリジェンスクリアランスソナーだけとりつけました。

ブラインドスポットモニター[BSM]

ブラインドスポットモニターは後方の死角にいる車をお知らせしてくれる機能です。

車線変更の時など、後方の死角になる位置に車がいるとドアミラーにマークを表示してお知らせしてくれます。

まもる
ちょっと値段が高いかなと思ったので、ぼくはこれはつけませんでした。

バックカメラ

バックカメラは後方をうつしてくれるカメラです。

▼後ろのトヨタマークの下にカメラがつきますよ。
バックカメラの位置

バックカメラを取り付けると後進するときにナビに映像がうつしだされます。

バックカメラは27,000円でした。

カローラスポーツのナビについてはこちらの記事で見た目を比較しています。

カローラスポーツの安全装備まとめ

車の性能があがって事故のリスクが減るのは良いことですね。

メーカーオプションの機能は購入後につけ足すことができませんので、注文前によく考えておきましょう。

また、安全装備があるからと過信せずきちんと保険にも入っておきましょう

自動車保険はネットで見積もりすると安くなりますよ!

ぼくは楽天の自動車保険一括見積もりで自動車保険の見積もりをしました。

1度情報を入力するだけで、数日で各社の見積もりハガキが届きましたよ。

電話勧誘等はなく、保険の支払金額だけを知ることができたので比較もしやすくめんどくさくなかったですよ。

またもしもの時のためにJAFに加入しておくのも超オススメです。

ENEOSカードなどカード付帯のロードサービスや保険付帯のロードサービスでは対応してくれないトラブルにもJAFなら対応してくれます。

JAFに加入することでうけられる優待もかなりお得なので入っておいて損はないですね。